2010年06月10日

<労災認定>会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署(毎日新聞)

 建設会社の男性会社員が自殺したのは上司からのパワーハラスメント(パワハラ)が原因と、島田労働基準監督署(静岡県島田市)が労災認定していたことが4日、分かった。労災申請していた会社員の妻(30)の代理人の弁護士によると、パワハラによる労災認定は珍しいという。

 自殺したのは、建設会社「大東建託」(東京都港区)藤枝支店で営業を担当していた谷坂聡太郎さん(当時42歳)。妻や弁護士によると、谷坂さんが担当して同社は05年3月、同県焼津市内のマンション建設の請負契約を施主と締結したが、基礎工事などの工事代金が予定より約3000万円超過。「お前が払わないなら関係者全員が解雇される」などと上司2人から谷坂さんが約360万円、2人が200万円ずつを施主に払うとの覚書にサインさせられた。谷坂さんは払えずにうつ病を発症、07年10月に自殺したという。

 遺族側は「一社員が負うべきでない個人負担を強いられ自殺した。業務が原因なのは明らか」と労災認定を求めていた。

 妻は別に同社を相手取り損害賠償を求め提訴。遺族側によると、同社は「支払いを強制しておらず、うつ病の原因も別にある」などと争っているという。

 大東建託は労災認定について「コメントできない」と話している。【山田毅】

【関連ニュース】
労災:顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令
豊川市職員自殺控訴審:パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴
三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁

電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」(産経新聞)
輸送車に放火後、自殺図る? =やけどで男重体―埼玉(時事通信)
口蹄疫 「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判(毎日新聞)
少子化担当相に蓮舫氏内定=菅氏、閣僚・党人事の調整本格化(時事通信)
posted by ササダ マツオ at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。