2010年01月29日

「イライラして」少年にナイフ投げつけ逮捕(読売新聞)

 宮崎県警延岡署は27日、同県延岡市長浜町、無職谷名修容疑者(31)を暴行容疑で逮捕した。

 発表によると、谷名容疑者は同日午後2時25分頃、自宅近くの通路で、友人と話していた同県門川町の少年(17)にカッターナイフ(刃渡り約7・3センチ)1本を約2メートル離れた場所から、いきなり投げつけた疑い。ナイフは少年の足元に落ち、けがはなかった。「イライラしていた」と供述しているという。

ウィルコム、更生法活用を検討=「事前調整型」で再建(時事通信)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
<小沢幹事長>「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
府立大冠高校に50メートル巨大壁画 思春期の心開くアート(産経新聞)
参院選前に政策提言=自民・舛添氏(時事通信)
posted by ササダ マツオ at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。